『わからない』を『わかった!』に変える

プレー中や練習が終わった後に、コーチにわからないことを聞きに行く選手が増えてきました。中には聞いた事を忘れないようにすぐにノートに書きとめる子もいます。

わかっているけど出来ないことは、出来るように練習すれば良いのですが、わからなくて出来ないことは、まずその『わからない』を『わかった!』に変えて、そこから練習が始まります。

わからないことは恥ずかしい事ではないので、一刻も早く『わかった!』に変えて、少しでも早く、それを克服する練習のための時間に変えてあげれると良いですね。

お父さんやお母さんも、自分の子供の癖や伸ばしたいところに対して何かしてあげれることはないか?コーチに相談する姿が見られます。

練習帰りに『今日のプレーはどうだった?』って、息子に良く聞かれます。

しっかり答えられるように自分も知識を持って練習の我が子をしっかり見ていてあげれると、子供たちも見守られている安心感でのびのびプレーが出来るのではないでしょうか?

『選手』『指導者』『父兄』

どれも欠けず、三位一体で、強いチーム作って行こうぜ!

松原エンデバーズEX

山形県酒田市で活動する 小学生ドッジボールチーム 『松原エンデバーズEX』のサイトです みんなが知ってるドッジボールです。 いっしょに思いっきり楽しみませんか?

0コメント

  • 1000 / 1000